• サッカー 賭け
    サッカー,  ベッティング

    サッカーチームがコーナーから得点を入れる頻度は?

    1990年代に、一部のリヴァプールサポーターが「Another Wasted Corner」というファン雑誌を制作していました。応援するチームがフリーキックでもっとうまくやるべきだと、サッカーファンがいつも感じる類のことを反映しましたが、それは公正論だったのでしょうか?恐らくもっと重要なことですが、試合中にコーナーが無駄になる時に、すぐに怒ることはサッカーのサポーターにはそれでも公正でしょうか? 応援しているチームがコーナーキックを決めれば、観衆が興奮することはいつでも目にすることです。ですが、その興奮は実際には何が元になっているのでしょう?コーナーは、空中でボールを掴むために手を使えるゴールキーパーが少なからずいるので、攻撃するチームではなく防御するチームの味方に傾くという強い議論があります。 オンラインベッティングでは、現在ではハットトリック、ペナルティ、コーナー、フリーキック、得点を入れる次のチームに賭けることができ、それで、全体としてこれらの出来事がゲームにどのような影響を与えるのかということを理解すると、大きく違いが生じることがあります。ここでは、皆さんが賭けることを考えている時に念頭に置く、コーナーにまつわる統計を少し見て行きましょう。 「コーナーからの得点」の意味は? コーナーから得点を入れる時には、起こり得る多数のさまざまな方法があります。最も明らかなことは、コーナーは入って来ること、攻撃するプレーヤーに権利があること、そしてネット裏の中に入れることです。コーナーからの得点では最も明確な例ですが、確かにこれだけではありません。ゴールは、そのように第1段階で得点を入れることができますが、コーナーの第2段階で得点を入れる方がもっと一般的です。 これはつまり、防御側のチームは、恐らくなんとかクリアランスを生かし、攻撃するプレーヤーだけにボックスから向かってクリアランスの端に近づけて、ネット裏の中にスマッシュするということです。あるいは、ボックスにいるすべてのプレーヤーを逃れて、集団にボールを戻す攻撃するプレーヤーが拾うことがあります。大まかには、チームがそれ自体をリセットできたなら、コーナーからのゴールとしてカウントされません。逆にそれが同じ動きのすべての部分であれば、確かにコーナーからのゴールとして分類されます。 コーナーが短く取られてクロスに入る、その後に動かす人にポスト近くで当たる、最初に当てるためにボックスの端で誰かにプレイするなど、コーナーから得点を入れようとするためにチームが利用するさまざまなルーチンは膨大にあります。大抵、防御チームはコーナー防御のためにボックスに11人全員のプレーヤーが戻ります。そのために1度で得点を入れることはとても難しく、また、チームはうまく行くルーチンを見つけようとします。